グローバルな視点で高品質なサービスを。
マネぷらグループには、「資産のトータルプランナーとして世界で活躍できる会社を創る」というビジョンがあります。 めまぐるしく変化する、市場・金融・政治・税制などの複合的な情報をグローバルな視点で収集しながら最適なコンサルティングサービスを提供できる企業であること。そして、世界中のより多くのお客様へ、より高品質なサービスを提供できる企業となることを目指します。

お客様と同目線で真剣に取り組む。それがマネぷらグループ。

お金と不動産、どちらもお客様の資産の中で大きな割合を占めるものです。だからこそ、フィナンシャルサービスと不動産サービスを切り離しては考えられません。
しかしこれまで、貯蓄、住宅、保険、相続、投資など、これらの全体を把握し、最適なコンサルティングサービスを提供できる会社が身近にありませんでした。
お金の相談は銀行、住宅は不動産会社、保険の相談は保険会社、相続は…と、それぞれの会社、専門家がそれぞれのサービスを提供すれば、お客様の資産のバランスは二の次となってしまいます。
資産のプランニングは総括的な視点を持たなければいけないという強い思いから、ファイナンシャルプランナーと不動産専門職の豊富な知識・経験を有したエキスパートが集まり、2012年に事業をスタートしました。

マネぷらグループは「人々に愛されるサービスを提供し、日本経済の活性化に貢献する」というミッションを持ち、お金に関わるファイナンシャルプランニングサービスと、
住まいに関わる不動産流通サービスという二つのビジネスを柱に、これまで数多くのお客様との関わりの中で経験を蓄積してまいりました。一つのサービスとしてまとめるのではなく
独立した事業部制としたこと、これが複合的な視点でお客様の資産をより安全に形成するサービスをご提供できるマネぷらグループの仕組みです。
このビジネスで最も大切なことは、お客様が望む理想の暮らしや夢・目標を共有すること。車を買うにも、家を買うにも、服を選ぶにも十人十色。
ひとりひとりのお客様の理想や夢・目標をしっかりと共有し、それらの実現のために誰よりも真剣に向き合う「資産のトータルプランナー」として、
末永くお付き合いできる良きパートナーでありたいと考えます。

代表取締役 岡崎 泰旦